小林正観さんの書籍・グッズ・講演会CD・講演会DVDの通販専門ショップ。
 
 
 

お客様の声
ホーム店長のつぶやき
店長のつぶやき
店長のつぶやき:439
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... 22 次のページ»
2016年02月17日
電車の少ない地方では車の運転は必須です。
私も毎日の移動はもっぱら車に頼ります。

しかし、車の運転にはイライラがつきものです。

信号や渋滞、急な割り込みなど。
最近は随分と安全運転になりましたが、
それでもストレスを感じることは少なくありません。

長い信号待ちなどで、割り込まれるのはイヤなものです。

ただ、以下のように考えることでかなり緩和できています。

「長い目で見れば道を一歩譲ることなんて、
大したことでは無いのだから」

いくら焦っても、車間距離を縮めても、目的地への時間は5分と変わりません。

焦らずにハンドルを握りたいと思います。

2016年02月16日
スキーに行った翌朝、タイヤがパンクしているのに気づきました。

右の前輪で、今シーズンに買い換えたばかりの新品です。
ちょっとショックでしたが、いろいろ考えてみました。

 高速道路でなくて良かった。
 スキー場でなくて良かった。
 大切な人を送迎している時でなくて良かった。
 事故にならなくて良かった。
 家に駐車中で良かった。

などなど。

購入して12年目で初めてのパンクです。
走行距離16万キロ。

よく、今まで一度もパンクしなかったと思うこともできますね。

正観さんの本に
買ってすぐの新車を事故で廃車にした歯医者さんの話があります。

 自分は無傷なのに廃車になるほど壊れる欠陥車
 廃車になるほどの事故でも、自分を守ってくれた車

少しでも後者に近い考えが出来るようになりたいと思います。

タイヤと車に感謝です。
ありがとうございます。
2016年02月15日
賢明に、ゆっくりと。
速く走ろうとする人間はつまずくものだ。

シェークスピアの言葉だそうです。


「男の育休」の取得をを広めたい、

と考えるののは議員として良いです。


ただ、ご自身が「育休」を取るというのは
宣伝広告的な目的が透けて見えます。

すこし急ぎすぎたのかもしれません。


日本人の平均寿命は世界一です。

堅実に、ゆっくりと、ひとつずつ
実践をしたいと思います。
2016年02月14日
ニュースで繰り返し報道されていますが、
宮崎議員が辞職されることになりました。

奥さんが出産で入院中の軽率な行動が原因のようです。

「イクメン」「育休」

とご自身で言っていたことが仇になりました。

ご自身の今後を考えると早めのにやめる決断をした方が
有利と考えられたのかもしれません。


私として今回の件で思い出されるのが、
齊藤一人さんの言葉です。

「立派じゃない人が立派なことを言うと大変なんだよ」

なぜなら

立派じゃないことがばれてエライことになる、か

立派な人を演じ続けなければならない

からです。

どちらも苦しい。。。


だから

自分は立派じゃないんです。
たいしたもんじゃないんです。


と言っていた方が、自分自身が楽なんですね。

仮にまわりの人に立派じゃないことがばれても

「やっぱりそうだった」

ですんでします(*^_^*)


もちろん、立派な人はいいのですが、
そうでない人はあまり立派なことを言わない方が安全ですね。

楽に楽しく生きるコツのだと思います。



2016年02月11日
味噌、醤油、みりん等々は発酵調味料です。
体にいいとは分かっていますが、詳しく勉強したことがありません。

先日、地域のコミュニティ団体主催の発酵食の勉強会に行ってきました。

講師は醸せ師の櫻木千絵さん

2時間ほどの短い時間でしたが、基本的なところを学べばした。

心に残った点です。

1.一度菌がついて食品をバリヤーすると、腐らなくなる

たとえば、ゆでた大豆に納豆菌がついて繁殖すれば納豆になる。するとほかの雑菌は繁殖できず長期保存ができるようになります。

塩麹や味噌漬けも麹菌がバリヤーになり食品の保存期間が飛躍的に伸びます。

2.調味料も種類がいろいろ

本物の材料で作られている調味料
添加物で似せて作られているもの

見た目では分かりませんが全くの別物です。

調味料は多少高くてもいいものを使いたいと思います。
ちなみに、食品や調味料の裏のラベルを見るとおおむね判断ができます。


料理はとてもおいしく、有意義な時間でした。


尚、醸せ師 櫻木さんの師匠は「伏木暢顕」さんだそうです。
ご興味がありましたら検索してくださいね。
2016年02月10日
日めくりカレンダーが好きで、現在デスクには6個おいてあります。

その中で今日おすすめが写真の言葉です。


できて当たり前でなく、
まだ子どもなんだから
できなくて当たり前、
と見ていきましょう。


とあります。

子どもと接するとき
ついつい物差しを厳しくしてしまいます。

できなくても当たり前と思えばイライラしなくなりますね。



ある研究で

子どもに勉強をさせる際、どんなにできても、

「もっと、もっと」

とやらせ続けた人の例がありました。


いくら努力して、がんばっても無駄だと悟り、
最終的にはひどくグズな人になってしまったそうです。

子どもに限らず、大人もできなくてもOKとおおらかな気持ちで過ごすと、焦らなくて済みかえっていい結果になるのかもしれません。
2016年02月09日
小林正観さんは花粉症の人の共通項を「完璧主義者」であると述べられていますが、やるべきことを先送りしがちな人も「完璧主義者」である場合が多いそうです。

完璧主義者とは「完璧にできるひと」ではなく「完璧にしなければ気が済まない人」のこと。

完璧に出来る準備が整うまで、作業をなかなか手がつけにくい傾向があります。

とりあえず、なかなか手がつけていない仕事は、ちょっと手をつけてみる。

70点で合格である。

など、完璧さを放棄するとグズが直りやすくなるようです。
2016年02月04日
娘が使っているタブレットの待ち受け画面です。
イメージがよく伝わる名作ですね。

よく先送りしがちな私も苦笑するしかありません。


正観さんも

「明日から禁煙」と張り紙をして

何年も禁煙していない人の話をよくしていました。

寝て起きたら明日では無く今日です。
永遠に明日はやって来ません。

めんどくさがらず
今日できることは、少しずつ今日やっていきたいと思います。

2015年12月01日
昨日ゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげるさんがお亡くなりになりました。

追悼番組がたくさん放送される中で、10年ほど前のインタビューが目にとまりました。

「幸福の値段をちょっと下げれば、みんな幸せ」

でした。

テレビやインターネットを通じて、膨大な情報があります。

それらに触れているうちにいつの間にか、あれも欲しい、これもしたい、と欲求が増えます。

結果、自ら幸せのハードルをあげがちです。

水木さんの言われるように「幸福の値段」の見直しを定期的行うことで、無駄な不幸感に苦しむことも減らすことが出来るのだと思います。

2015年11月10日
「吉田松陰一日一語」に書かれていた言葉です。


自分は30歳で死のうとしているが惜しむことは無い。

穀物にたとえれば、
実る前に死ぬのは惜しいが、人生は穀物とは違う。
必ずこうだと決まっていない。

10歳には10歳の四季があり
20歳には20歳の四季が、
30歳には30歳の四季がある。
50歳、100歳も同様である。

だから10歳で短い、100歳で長いとは言えない。



これを読んで気が楽になりました。
いつ死んでも天命だからです。

正観さんの人生はすべてシナリオ通りに
通じることもでもあります。


象とネズミでは寿命は何十倍も違いますが、
生涯打つ心拍数は同じだそうです。

絶対的な時間的な長さではなく
それぞれの天命があるのかもしれません。

中村も50歳代です。

今は秋か冬かはわかりませんが、
いつ冬を終えても良いような日々を送りたいと思います。


2015年11月09日
植えた大根ではなく、草むらで自生していた大根です。
農園で今年一番立派に育だった大根です。

畑には堆肥を入れたり、草を刈ったりと
いろいろ手をかけましたがこの大根にはかないません。

食べたいところですが、
このまま育てて種取りをする予定です。

来年が楽しみです。
2015年11月03日
 
最近、おいしい野菜を食べたいと思い野菜作りの勉強をしています。

まずは、土壌菌がたくさんいる土作りを目指して、草を庭にすき込みます。

土を草をまぜ、半年置くと良い土になります。

最近の野菜は化学肥料と農薬を使って栽培されており、
あまり良い物は売っていないようです。

奥の大量の草は近くで草刈りをしていた人からいただきました。
秋に細かい草は記帳です。ラッキーでした。

来年おいしい野菜がとれるのが楽しみです。
2015年08月28日
鎌倉市図書館

@kamakura_tosyok

もうすぐ二学期。学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。マンガもライトノベルもあるよ。一日いても誰も何も言わないよ。9月から学校へ行くくらいなら死んじゃおうと思ったら、逃げ場所に図書館も思い出してね。
2015年8月26日 09:11


鎌倉市市立図書館の司書の河合真帆さが
つぶやいたこのツイートが話題になっているようです。

夏休み明け、特に9月1日に中高生の自殺が一番多くなるそうでしょう。

なぜ、本当に死んじゃうくらい嫌な学校に、無理をしてでも行かなくてはならないのか?

学校に行かなくても、家でも勉強は出来ますし、
いくらでも生きていく方法はあります。

中村は会社員をやめてから、
学歴を聞かれたことは一度もありません。

自営業者に学歴は不要です。

正観さんも言われていましたが、
わが家を子供たちのシェルターにしたいなと思います。
2015年08月27日
先日読んだ本に「予言者的発言はスルーする」という章がありました。

「変化を恐れて可能性にふたをする人や、何もしていないのに訳知り顔で評論かぶる人には、本当にこまってしまいます。」


私もやってもいないのに、人のすることを否定することが最近多くなったような気がします。

これは楽なことですし、自分の方が一段偉くなった気分にもなれるからかもしれません。

「やらなくても結果が分かるのはよげんしゃしかないですよ。」

とも書かれています。


正観さんも「悪い予言は当たらない」とよく言われました。

悪しき予言や否定的な予言はしない、信じないようにしたいと思います。

成功と失敗は紙一重、しかし、行動するとしないは雲泥の差

なのだと思います。
2015年08月12日
ここ数日、ちょっとだけですが、
暑さがやわらいできたようですね。

といっても十分猛暑なんですが。。。



正観さんは著書「そ・わ・か」の法則 に

「夏が暑ければ暑いほど、秋の涼しさが”幸せ”」

と、書かれています。


「空腹」と「おいしさ」がセットのように、

「不幸」が「幸」の前半分のように、

「夏の暑さ」と「涼しい秋」がワンセットなのかもしれません。



そう思うと、

もう少し暑い日々が続いても、
暑さを楽しむ余裕がでてきそうですね。


暦の上ではもう秋です。
すてきな夏をお楽しみになってください。
2015年08月11日
小林正観さんの講演会の新CDが発売になりました。

8/12発売 小林正観さん3時間講座in福島 「災難や事故とのつきあい方」2011年9月9日
http://www.thanksthanks.net/product/695


震災のあった年に開催された講演会で、
中村も福島市まで話を聴きに行きました。


残念ながら、

正観さんはこの1ヶ月後にお亡くなりになったので、
生前お会いしたのは、この日が最後になりました。


私事ですが
中村も8年前、兄を山の遭難で亡くしています。


CDを聴きながら、


 目の前にいる人と明日会える保証はない。

 自分も明日生きている保証もない。


ということを、痛切に思い出しました。


将来の心配をすることなく、

今日も一日、うれしい、たのしい、しあわせ 

で、過ごしたいと思います。
2015年06月02日
 
先日、少食のセミナーにいったところ、

「間食をしないで乗り切るコツ」

を聞いてきました。

非常に簡単な方法で「5分待つ」だそうです。


たとえば、目の前のせんべいを食べたくなったとします。

今までではすぐ食べたところです。

タイマーを5分セットしてちょっとだけ時間をおきます。

すると、かなりの確率で食べずに過ごすことができます。

おいしそうな食べ物を目にすると
衝動的に食べたくなります。

中村は自宅で仕事をしているので、
いつでも、誰に気兼ねなく、何でも食べることができるわけです。

まるで、お菓子の家に住んでいるようなものです。

ちょっと時間をおくだけで、
食べたい気持ちが抑えられます。


5分間だけ時間をおく。


よかったらお試しくださいね。


2015年03月10日
スーパーで鯖の切り身を売っていたので、
生まれてはじめて〆鯖を作ってみました。

手順は

・たっぷりの自然塩で1-2時しめる。
・酢・みりん・昆布を入れた液に漬け、冷蔵庫で1-2日置く


だけです。


恐る恐る食べてみたところ
案外美味しく出来ました♪

これからはいい鯖を見つけたら〆鯖を作ってみたいと思います。


こちらのレシピを参考にしました。

クックパッド
魚屋さんに習ったレシピ☆しめさば

http://cookpad.com/recipe/961084
2015年03月06日
先日、小2の次女と胎内スキー場に行ってきました。

ついに50歳になったのでシニア割引が適用となました。
▲500円です。年齢を重ねるうまみを感じます。

小さな段差に気をつけますね(笑)
2015年02月23日
小林正観さんの会社SKPさんよりラインアプリ

「うたしちゃん」

が新発売となりました。


可愛らしいイラストが1セット40個で100円です。

正観さんファンにはたまりません。
ありがとうの気持ちが伝わります。

http://line.me/S/sticker/1064265
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... 22 次のページ»