小林正観さん専門の書籍・グッズ・講演会CD・講演会DVDの通販専門ショップ。
 
 
 

お客様の声
ホーム店長のつぶやき
店長のつぶやき
店長のつぶやき:465
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... 24 次のページ»
2016年02月22日
近江商人道で有名な「三方よし」は

「買い手よし、売り手よし、世間よし」

といわれ、近江商人の活動の理念を表わすものです。

勉強になります。



近江商人の商売の10教訓

1. 商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり

2. 店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何

3. 売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる

4. 資金の少なきを憂うるなかれ。信用の足らざるを憂うべし

5. 無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ

6. 良き品を売ることは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり

7. 紙一枚でも景品はお客を喜ばせるものだ。つけてあげられるものの無い時は笑顔を景品にせよ

8. 正礼を守れ!値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ

9. 常に考えよ、今日の損益を。今日の損益を明らかにしないでは寝につかぬ習慣にせよ

10.商売には好況、不況はない。いずれにしても儲けねばならぬ


正観さんは近江商人の「基金普請」についての本を書かれています。

これは飢饉になって周りが困ったら、
不要不急でも増改築をしなさい、
富を放出しなさいという思想ですね。

お金や仕事について悩むことがありましたら手に取ってみてください。

お金と仕事の宇宙構造
2016年02月21日
長女を高校受験会場に送った帰り道。
目の前で交通事故を目撃しました。

私から見て左側の一時停止の交差点から出てきた車と、
対向車の衝突です。

左側の一時停止側の運転手は

「全く見えていませんでした。ごめんなさい」

と謝っています。

見晴らしの良い交差点です。
死角に入ったか、注意力不足か分かりません。

幸いけがをされた方はいない様子でした。


よく正観さんが

「不通であれば来られない。ここに来られたのは普通ではないんですよ」

とおっしゃっていました。

こうやって戻ってつぶやけるのも普通ではないんだと感じます。


また、正観さんを乗せて運転をしていたとき、

「片手ハンドルは危険です。いつかは事故りますよ」

と注意を受けたこともあります。

これって、もしかして

「悪しき予言では」

とも思いましたが、
素直に安全運転に気をつけたいと思います。

PSぶつけられた車は黒色でした。
明るい目立つ色がいいかもしれません。
2016年02月20日
休みがちだった店長のつぶやきですが、1週間ほど続いています。

心がけたのが以下の点です。

1.明日以降の記事を今日書く。

今日書いて、今日投稿するのはプレッシャーが大きいです。

昨日書いたものを今日投稿しています。
その後、明日以降の分を書くようにしています。

 ストックが数日あるので、途切れにくい。
 すぐに投稿するわけでないので、ラフで良く、時間がかからない

ちょっとした工夫ですが、とてもいい感じです。
あとは歯磨きのような習慣になればいいですね。

「質は量より生ずる」

という言葉があります。

上手な文を書こうと時間をかけるより、
毎日こつこつ書いた方が上達が早いのかもしれません。

習慣となるまで、
意識して続けたいと思います。
2016年02月19日
最近覚醒剤の所持・使用で逮捕される人のニュースが目につきます。
依存性のあるものは、なかなか止めるのが大変ですね。

私も数年前までたばこを吸っていましたので、
やめるつらさはある程度理解ができます。


たばこを吸う理由に「イライラが収まる」というものがあります。

ニコチンが切れるとイライラしますが、一服すると収まります。

見かけ上は「たばこがイライラを抑えてくれた」ように感じます。


ただ、ちょっと考えれば分かるのですが、
非喫煙者はたばこがなくてもイライラしません。

たばこがイライラの発生源で、喫煙がイライラを解消するのは幻だとわかります。

1.喫煙をすると時間と共に幸福度が下がり、イライラ度が増す。
2.一服すると元のレベルまで戻る。

1と2の繰り返し。

これを「すられた財布とスリに返してもらって喜んでいる」と書かれた本がありました。


覚醒剤や危険ドラッグなど違法なものは当然ですが、
合法のものでも薬物は注意が必要なようです。

ギャンブルやスマホの依存症も多いようなので、
特に子どもには注意をしたいと思います。
2016年02月18日
最近テレビでゴミ屋敷や汚部屋がニュースになりますね。

ゴミで足の踏み場のない部屋、
敷地にうずたかく積み重なったゴミの山 など

どれもすごい量ですね。

警官や異臭だけでなく、
衛生面でも防災面でも問題です。

はじめはきれいだったはずですから、

「面倒くさくて片付けない」
「あとでまとめてやろう」

と、ちょっとした先送りが積み重なった結果だと推定できます。

違いは、「今片付けるか」「ちょっとめんどう後で」の違いです。


以前、住宅のセールスをしていたとき。

狭くても片付いている家の施主は、
家が広くなってもきれいなままでした。

逆に、片付いていない施主は、
家の広さが何倍になっても、新居にはものがあふれかえっています。

収納量ではないことが分かりました。


ちょっと話は違いますが、
正観さんは6つの精神レベルをこう書かれています。

1.感謝される。喜ばれる
2.感謝する。感謝できる。
3.現象を肯定的に評価。教訓や試練、栄養と考える。

4.現象を否定的に避難。不平不満、文句、泣き言、愚痴を言う。
5.腹を立てる。イライラする。怒る。
6.呪う、憎む、恨む、妬む、そねむ(=社会的敵意・憎悪)

3と4の違いはごくわずか。物事を肯定的に見るか、否定的に見るかの違いです。

その先は1と6のように大きく違ってきます。


ゴミや見方とらえ方も積もり積もると大きな違いになります。

ちょっとの差が将来的に大きな違いを生みます。
小さきことから良き方を選ぶようにしたいですね。

ちなみに神様はきれい好きなので、
部屋をきれいにすると幸運に恵まれ可能性が上がるようです。
2016年02月17日
中村はめんどくさがり屋です。
やろうと思ったことをついつい先送りしてしまうことがあります。

一言で言うと「ぐずぐずした人」ですね。

いろいろな対策がありますが、
なかなか取りかかれない仕事にはこんな共通項があるそうです。

1.動詞になっていない 例:年賀状

年賀状の何をどうすればいいのか?

2.仕事が大きすぎる

年賀状も一度にやろうとすると面倒です。

 昨年の年賀状を取り出す。
 欠礼を確認する。
 年賀状を購入する。
 裏面に使う写真や画像を用意する。
 印刷する(裏面・宛名)
 一筆書く
 郵便局で専用ポストに投函する。

人によってやり方はいろいろだと思いますが、
10個くらいの作業に分解が可能ですね。

一度にやろうと11月からクリスマスまで毎日先送りにするよりも、

今日は「昨年の年賀状を見てみる」
明日は「写真を選ぶ」

と、少しずつ進めるやり方もあります。

一度にできる人はいいのですが、
毎年クリスマス過ぎに年賀状を書いている人は
仕事をあえて分割してやってみる方法も試してみてください。
2016年02月17日
電車の少ない地方では車の運転は必須です。
私も毎日の移動はもっぱら車に頼ります。

しかし、車の運転にはイライラがつきものです。

信号や渋滞、急な割り込みなど。
最近は随分と安全運転になりましたが、
それでもストレスを感じることは少なくありません。

長い信号待ちなどで、割り込まれるのはイヤなものです。

ただ、以下のように考えることでかなり緩和できています。

「長い目で見れば道を一歩譲ることなんて、
大したことでは無いのだから」

いくら焦っても、車間距離を縮めても、目的地への時間は5分と変わりません。

焦らずにハンドルを握りたいと思います。

2016年02月16日
スキーに行った翌朝、タイヤがパンクしているのに気づきました。

右の前輪で、今シーズンに買い換えたばかりの新品です。
ちょっとショックでしたが、いろいろ考えてみました。

 高速道路でなくて良かった。
 スキー場でなくて良かった。
 大切な人を送迎している時でなくて良かった。
 事故にならなくて良かった。
 家に駐車中で良かった。

などなど。

購入して12年目で初めてのパンクです。
走行距離16万キロ。

よく、今まで一度もパンクしなかったと思うこともできますね。

正観さんの本に
買ってすぐの新車を事故で廃車にした歯医者さんの話があります。

 自分は無傷なのに廃車になるほど壊れる欠陥車
 廃車になるほどの事故でも、自分を守ってくれた車

少しでも後者に近い考えが出来るようになりたいと思います。

タイヤと車に感謝です。
ありがとうございます。
2016年02月15日
賢明に、ゆっくりと。
速く走ろうとする人間はつまずくものだ。

シェークスピアの言葉だそうです。


「男の育休」の取得をを広めたい、

と考えるののは議員として良いです。


ただ、ご自身が「育休」を取るというのは
宣伝広告的な目的が透けて見えます。

すこし急ぎすぎたのかもしれません。


日本人の平均寿命は世界一です。

堅実に、ゆっくりと、ひとつずつ
実践をしたいと思います。
2016年02月14日
ニュースで繰り返し報道されていますが、
宮崎議員が辞職されることになりました。

奥さんが出産で入院中の軽率な行動が原因のようです。

「イクメン」「育休」

とご自身で言っていたことが仇になりました。

ご自身の今後を考えると早めのにやめる決断をした方が
有利と考えられたのかもしれません。


私として今回の件で思い出されるのが、
齊藤一人さんの言葉です。

「立派じゃない人が立派なことを言うと大変なんだよ」

なぜなら

立派じゃないことがばれてエライことになる、か

立派な人を演じ続けなければならない

からです。

どちらも苦しい。。。


だから

自分は立派じゃないんです。
たいしたもんじゃないんです。


と言っていた方が、自分自身が楽なんですね。

仮にまわりの人に立派じゃないことがばれても

「やっぱりそうだった」

ですんでします(*^_^*)


もちろん、立派な人はいいのですが、
そうでない人はあまり立派なことを言わない方が安全ですね。

楽に楽しく生きるコツのだと思います。



2016年02月11日
味噌、醤油、みりん等々は発酵調味料です。
体にいいとは分かっていますが、詳しく勉強したことがありません。

先日、地域のコミュニティ団体主催の発酵食の勉強会に行ってきました。

講師は醸せ師の櫻木千絵さん

2時間ほどの短い時間でしたが、基本的なところを学べばした。

心に残った点です。

1.一度菌がついて食品をバリヤーすると、腐らなくなる

たとえば、ゆでた大豆に納豆菌がついて繁殖すれば納豆になる。するとほかの雑菌は繁殖できず長期保存ができるようになります。

塩麹や味噌漬けも麹菌がバリヤーになり食品の保存期間が飛躍的に伸びます。

2.調味料も種類がいろいろ

本物の材料で作られている調味料
添加物で似せて作られているもの

見た目では分かりませんが全くの別物です。

調味料は多少高くてもいいものを使いたいと思います。
ちなみに、食品や調味料の裏のラベルを見るとおおむね判断ができます。


料理はとてもおいしく、有意義な時間でした。


尚、醸せ師 櫻木さんの師匠は「伏木暢顕」さんだそうです。
ご興味がありましたら検索してくださいね。
2016年02月10日
日めくりカレンダーが好きで、現在デスクには6個おいてあります。

その中で今日おすすめが写真の言葉です。


できて当たり前でなく、
まだ子どもなんだから
できなくて当たり前、
と見ていきましょう。


とあります。

子どもと接するとき
ついつい物差しを厳しくしてしまいます。

できなくても当たり前と思えばイライラしなくなりますね。



ある研究で

子どもに勉強をさせる際、どんなにできても、

「もっと、もっと」

とやらせ続けた人の例がありました。


いくら努力して、がんばっても無駄だと悟り、
最終的にはひどくグズな人になってしまったそうです。

子どもに限らず、大人もできなくてもOKとおおらかな気持ちで過ごすと、焦らなくて済みかえっていい結果になるのかもしれません。
2016年02月09日
小林正観さんは花粉症の人の共通項を「完璧主義者」であると述べられていますが、やるべきことを先送りしがちな人も「完璧主義者」である場合が多いそうです。

完璧主義者とは「完璧にできるひと」ではなく「完璧にしなければ気が済まない人」のこと。

完璧に出来る準備が整うまで、作業をなかなか手がつけにくい傾向があります。

とりあえず、なかなか手がつけていない仕事は、ちょっと手をつけてみる。

70点で合格である。

など、完璧さを放棄するとグズが直りやすくなるようです。
2016年02月04日
娘が使っているタブレットの待ち受け画面です。
イメージがよく伝わる名作ですね。

よく先送りしがちな私も苦笑するしかありません。


正観さんも

「明日から禁煙」と張り紙をして

何年も禁煙していない人の話をよくしていました。

寝て起きたら明日では無く今日です。
永遠に明日はやって来ません。

めんどくさがらず
今日できることは、少しずつ今日やっていきたいと思います。

2015年12月01日
昨日ゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげるさんがお亡くなりになりました。

追悼番組がたくさん放送される中で、10年ほど前のインタビューが目にとまりました。

「幸福の値段をちょっと下げれば、みんな幸せ」

でした。

テレビやインターネットを通じて、膨大な情報があります。

それらに触れているうちにいつの間にか、あれも欲しい、これもしたい、と欲求が増えます。

結果、自ら幸せのハードルをあげがちです。

水木さんの言われるように「幸福の値段」の見直しを定期的行うことで、無駄な不幸感に苦しむことも減らすことが出来るのだと思います。

2015年11月10日
「吉田松陰一日一語」に書かれていた言葉です。


自分は30歳で死のうとしているが惜しむことは無い。

穀物にたとえれば、
実る前に死ぬのは惜しいが、人生は穀物とは違う。
必ずこうだと決まっていない。

10歳には10歳の四季があり
20歳には20歳の四季が、
30歳には30歳の四季がある。
50歳、100歳も同様である。

だから10歳で短い、100歳で長いとは言えない。



これを読んで気が楽になりました。
いつ死んでも天命だからです。

正観さんの人生はすべてシナリオ通りに
通じることもでもあります。


象とネズミでは寿命は何十倍も違いますが、
生涯打つ心拍数は同じだそうです。

絶対的な時間的な長さではなく
それぞれの天命があるのかもしれません。

中村も50歳代です。

今は秋か冬かはわかりませんが、
いつ冬を終えても良いような日々を送りたいと思います。


2015年11月09日
植えた大根ではなく、草むらで自生していた大根です。
農園で今年一番立派に育だった大根です。

畑には堆肥を入れたり、草を刈ったりと
いろいろ手をかけましたがこの大根にはかないません。

食べたいところですが、
このまま育てて種取りをする予定です。

来年が楽しみです。
2015年11月03日
 
最近、おいしい野菜を食べたいと思い野菜作りの勉強をしています。

まずは、土壌菌がたくさんいる土作りを目指して、草を庭にすき込みます。

土を草をまぜ、半年置くと良い土になります。

最近の野菜は化学肥料と農薬を使って栽培されており、
あまり良い物は売っていないようです。

奥の大量の草は近くで草刈りをしていた人からいただきました。
秋に細かい草は記帳です。ラッキーでした。

来年おいしい野菜がとれるのが楽しみです。
2015年08月28日
鎌倉市図書館

@kamakura_tosyok

もうすぐ二学期。学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。マンガもライトノベルもあるよ。一日いても誰も何も言わないよ。9月から学校へ行くくらいなら死んじゃおうと思ったら、逃げ場所に図書館も思い出してね。
2015年8月26日 09:11


鎌倉市市立図書館の司書の河合真帆さが
つぶやいたこのツイートが話題になっているようです。

夏休み明け、特に9月1日に中高生の自殺が一番多くなるそうでしょう。

なぜ、本当に死んじゃうくらい嫌な学校に、無理をしてでも行かなくてはならないのか?

学校に行かなくても、家でも勉強は出来ますし、
いくらでも生きていく方法はあります。

中村は会社員をやめてから、
学歴を聞かれたことは一度もありません。

自営業者に学歴は不要です。

正観さんも言われていましたが、
わが家を子供たちのシェルターにしたいなと思います。
2015年08月27日
先日読んだ本に「予言者的発言はスルーする」という章がありました。

「変化を恐れて可能性にふたをする人や、何もしていないのに訳知り顔で評論かぶる人には、本当にこまってしまいます。」


私もやってもいないのに、人のすることを否定することが最近多くなったような気がします。

これは楽なことですし、自分の方が一段偉くなった気分にもなれるからかもしれません。

「やらなくても結果が分かるのはよげんしゃしかないですよ。」

とも書かれています。


正観さんも「悪い予言は当たらない」とよく言われました。

悪しき予言や否定的な予言はしない、信じないようにしたいと思います。

成功と失敗は紙一重、しかし、行動するとしないは雲泥の差

なのだと思います。
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... 24 次のページ»